本音で話せる友達がいないときは

ブログ

心から本音で話せる友達がいないと感じるとき…

寂しいな、私ってちょっとずれてるのかなって、ひとりぼっちな気持ちになるよね。

でも、大丈夫。

「変わりたい」「もっと自分らしく生きたい」っていう、向上心がある証拠です。



わたしも、同期たちがきゃっきゃ話してる、社内恋愛の話や〇〇課〇〇さんがイケメン!みたいな話にぜんぜん興味持てなくて、てきとうに相づちしてた。
わたしって変なのかな〜って空気読んで話合わせてたの。演技しなきゃいけないから超疲れてた。



本音を話せる友達がいなくて、その時は、ひたすら家の近くの本屋さんに通ってたの。



本が、職場の外の広い世界を見せてくれたし、同僚とは話せないようなわくわくする未来を教えてくれた。



「公務員を辞めて、パーソナルスタイリストになろう!」っていう夢が見つかったのも、実際に実現できたのも、背中を押してくれる本に出会ったおかげだった( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )



宮本佳実さんの「可愛いままで年収1000万円」や千田琢哉さんの「人生って、早く夢中になった者勝ちなんだ!」っていう本に出会った時は衝撃だったよ!

こんな考え方、今まで誰も教えてくれなかったよっていう世界、自分が住みたい世界にもう住んでいる人に出会えるって本当に幸せだし、運命変わったの!



今ではその本たちのおかげで、志を同じくする本当の友達もできた。

「いやいや、ムリでしょ」って言われそうな夢も、「いいね!ぜったいできるよ!」って応援しあえる、ほんとにほんとに欲しかった友達。

毎月ホテルでアフタヌーンティーしながら、夢や仕事の途中経過について話すんだ♪最高でしょ( *´ω`* )



もしいま、本音で話せる友達がいないなら、とにかく好きな本をいっぱい読もう

本が、未来や本当の友達とあなたを繋いでくれるよ^^!


タイトルとURLをコピーしました